日焼け止めクリームを塗って、日焼け対策は万全!
と、思ったのに、うっかり塗り忘れている場所ってありませんか?
後から気づいて「あっ!」ということありますよね^^;
みんなが塗り忘れやすい体の部位はどこ?ということで、みんなの体験談を紹介します。

 

日焼けを塗り忘れやすい部位はどこ?みんなの失敗談

 

日焼け止めは気をつけて塗っていたつもりですが、手の甲に塗り忘れてしまうことが多く、半そでの時期になり気づくと手だけ色が違う!ということがあります。
今年もそうで、まだ春先で気を抜いていて、手の甲だけ腕より焼けています・・・。
手は、洗ったりして落ちやすいのに塗りなおすのが面倒だったりして、焼けてしまいがちです。
あとつい忘れがちなのが、首の後ろ。前はちゃんと塗るのですが、髪を結んだときなどに「あれ?!黒い!」となったりすることがあります。けっこう日に当たる場所なのに、自分で見えない場所なので塗り忘れてしまうんですよね。
(S.Mさん 20代 無職)

 

 

昨年の夏、家族でプールに行った時の事です。
ボトムスは紫外線99%カットのトレンカ、トップスはラッシュガード、頭にはツバが広い帽子、そしてサングラス、顔や首筋はSPF50の日焼け止めクリームを厚塗りし、日焼け対策万全!でした。
40代で日焼けなんてしてられないと入念にチェックして現地に向かったのです。
その日は薄曇りといった感じで「ここまで日焼け対策しなくてもよかったわよね〜」なんて楽しく遊んでいました。
水中に潜るわけでもなくせいぜい流れるプールを4歳の息子を歩くぐらいでした。
本格的な水遊びはパパにお任せ!とプールサイドでかき氷を食べたり、愛しいわが子と旦那様の遊ぶ姿を優雅に見て、時間は過ぎていきました。
思う存分遊んで着替えて、帰宅の途につきました。、車中で、足になにか違和感があると思いサンダルを脱いで見てみると「ぎゃーーーっ!」
くっきり、はっきり、ビーチサンダルの跡がついていました。
盲点でした。足の甲はノーマークでした。優雅に座ってトロピカルジュースを飲んだり、ぼーっとしている間に私の足の甲は紫外線にさらされていたのです。
それからしばらくの間、息子に「ママ、はだしなのにサンダル履いてるみたいだね。いいな〜」と言われ続けました。
(M.Fさん 40代 主婦)

 

 

紫外線対策で失敗したのは足の甲です!顔や首、胸元、腕や足は日焼け止めを塗りやすく塗り忘れがなりように徹底していたのですが、夏にサンダルを履いていて足の甲に日焼け止めを塗らないまま数日炎天下を外出。気が付いたときはすでに遅しで足に「しま模様」ができていました。全身気を使っていたので日焼けせず真っ白なのに、足の甲だけしましまに日焼けしていて本当に恥ずかしかったです!しかもそのしま模様が太いために違うミュールを履くと余計に目立ってしまって・・・今年はそんなことが無いように飲む日焼け止めを購入しました。
(N.Iさん 30代 会社員)

 

 

海水浴行った時のことです。
日焼け対策をばっちりしようと、SPFが強い数値の日焼け止めを、全身隈なく塗りました。
ラッシュガードは着ておらず、ある程度は日焼けしてしまいました。
帰宅後、背中の首の下を鏡で見ると、手の跡が・・・
日焼け止めを塗って触ったところだけ、きれいに日焼けせず、手の形に白く残ってしまったんです。
背中は自分で塗らず、お友達に頼めばよかったと後悔しましたが、後の祭りです。
その後、首回りが広い洋服だと、手形が見えてしまうので、スカーフを巻いて隠したり、上着を着たりと、ひと夏苦労しました。
(S.Oさん 30代 主婦)

 

 

 

もともと色黒で肌が焼けやすいです。
ですので日焼け止めは欠かせないのですが、今は子育て真っ最中でなかなか隅々までは気が回りません。
先日も、とりあえず顔だけに日焼け止めを塗って外出したところ、首の後ろ、手の甲、足の甲などは見事に黒く焼けてしまいました。
まだ5月だからと思っていましたが、調べてみると年間の紫外線グラフでは5月もかなり降り注いでいるとのことで…真夏だけでは無く年中気をつけなければいけないと反省しました。
しかも今まで曇りや雨の日は日焼け止めをしていなかったのですが、ネットで調べると曇りや雨の日も紫外線はあると書いてありました。
育児を言い訳に日焼け止めを適当にするのはいけないと思いました。
(S.Kさん 20代 主婦)

 

 

 

去年犬を飼い始めて、毎日の散歩が日課になりました。
仕事の都合で一番紫外線の強い午前11時くらいしか散歩の時間が取れず、顔はがっつり日焼け止めを塗り、つばの広い帽子をかぶり、UVカットのパーカーとレギンスを着て日傘までさして万全の紫外線対策で毎日散歩をしていました。
しかし夏が終わり気が付くと足の甲だけ真っ黒!
靴に守られていた指などは白いままで、裸足になると「5本指ソックス穿いてるの?」という位、くっきり色が違う…。
どうしても顔や上半身にばかり気を取られ、犬を飼う前から足の甲は日焼け止めを塗り忘れる事がありましたが、まさかたった10分の散歩でこんなに焼けるとは思わず、ものすごく後悔しています。
(T.Tさん 30代 会社員)

 

 

 

彼氏とプールに遊びに行った時に、顔や手足、からだの日焼け対策ばかり気にして、その部分は日焼け止めを塗ったり、ラッシュガードを着たりして焼けずに済んだのですが、ついうっかり忘れて何も対策しなかった部位がありました。それは頭皮です。もともと髪の量が少なめで、他の人より頭皮が焼けやすいのですが、その1日で見事に頭皮が日焼けしてしまいました。しかも対策をしていなかったことにすら気づかず、その日の夜に「ヒリヒリするなぁ。」と鏡で確認して初めて赤くなった頭皮に気づきました。でも、時すでに遅し…。翌日からボロボロと頭皮がめくれて恥ずかしい思いをしました。「フケじゃないよ!日焼けね!」と周りに説明するのも本当に恥ずかしかったです。
(C.Nさん 20代 主婦)

 

 

 

私がついつい日焼け止めを塗り忘れる体の部位は、足の甲です。
暑くなってくるとサンダルなど素足で靴を履くことが多くなってくると思います。
顔や首、手足はしっかり日焼け止めを塗ったのに、足の甲を塗り忘れ・・・
バレエシューズ型の靴を愛用して履いていたので、くっきり跡がのこって失敗したー!!!ということが
一度ならず何度もあります。靴を履いていればそこまで目立たないのですが、靴を脱ぐとクッキリ!!!
失敗してから塗り忘れに気づくのですよね。何とかならないかなぁと思っています。
日焼け対策が十分でなくて失敗したことは、朝のお肌のケアと共に日焼け止めをするのが癖になってないとき、そのままゴミ出しにでて日差しが強いことに気づいて、日焼け止め塗ればよかったー!!!と後悔します。
こうした塗り忘れた事の積み重ねが、顔のシミを作っていくのだろうなと感じています・・・
(T.Kさん 30代 主婦)

 

 

 

パジャマのまま日焼け止めをし、化粧をしているのですが、いざ外出用の服を着るとパジャマより首回りが広いことが多々。
そうすると日焼け止めが塗れていない箇所も自ずと広くなりますよね。
すると、首筋やデコルテ付近の塗りが甘いため、出かけて帰ってくると首回りが赤くなっていることがあります。
毎回、やってしまった!!と思うのに、なかなか癖付かない。
だからと言って外出着を着てから、日焼け止め、化粧の流れだと日焼け止めや化粧品の液体がこぼれたりして、なんか服が汚れそうでためらいがち。
とりあえず、毎日アバウトに首もとの日焼け止めを塗ってしまうのです。
(R.Aさん 20代 会社員)

 

 

 

基本的には日焼け止めを塗るようにしています。顔はもちろん腕や首、足も塗っています。ついつい忘れてしまうのが耳の部分です。塗りにくいですし、優先順位があとになってしまいます。
この前長時間外出したときに家に出る前には完璧に日焼け止めを塗っていきました。しかし塗り直しするときに耳に塗るのを忘れてしまい、家に帰った時にはヒリヒリしていました。私はもともと焼けやすい方なので、ヒリヒリした後にすぐに黒くなってしまいました。顔と耳の色の違いに友達から「どうしたの?」と言われてしまい耳だけ黒いパンダになったような気分になり恥ずかしくなりました。皆さんもきっちり耳にも日焼け止めを塗ってくださいね。
(S.Sさん 20代 会社員)

 

日焼け止め 塗り忘れ

関連ページ

ママの日焼け対策!みんな頑張ってますが…
日焼け止めトラブル
旅行で日焼けしちゃいました…楽しいはずの思い出が…
日焼け止めトラブル
日焼けでシミが…後悔の嵐。あのときしっかり対策しておけば…
ある日、突然発見する、シミ、そばかす… これはあのときの日焼けが原因かも…と思い当たる人も多いようです。 あのとききちんと紫外線対策していれば…(泣)後悔しても、もう遅い… これは○年後のあなたの姿かもしれません。 みんなの口コミ体験談はこちらです。
男も日焼け止めは必要?変?キモい?ぶっちゃどう思う?
近年、美容意識の高い男性も増えてきました。 でもそれって都会の話?若い子だけ?男性の日焼け止めってぶっちゃどう思う? ということで、男性が日焼け止めを使うことについてみんなの意見を募集してみました。