紫外線吸収剤とは,紫外線吸収剤 なぜ悪い,紫外線吸収剤 紫外線散乱剤 違い

 

夏の強い日差しから肌を守ってくれる日焼け止め。どれを選んだらよいか迷いますよね?パッケージ「紫外線吸収剤不使用」という文字が書いてあります。紫外線吸収剤とは何なのでしょうか?また、紫外線散乱剤どう違うのでしょうか?

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の違いと、肌への負担、使い分けについてお伝えします。

 

紫外線吸収剤とは,紫外線吸収剤 なぜ悪い,紫外線吸収剤 紫外線散乱剤 違い

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤との違いは?

 

私たちが日常で使っている日焼け止めは、2種類。1つは紫外線吸収剤が入ったもの、もう1つは紫外線散乱剤が入ったもの。

 

どちらも紫外線による日焼けを防いでくれるものですが、その働きはそれぞれ違います。

 

紫外線吸収剤とは

 

紫外線吸収剤とは、名前の通り紫外線を吸収して肌を守るものです。

 

紫外線を吸収する化学成分が数種類ブレンドされています。その成分に紫外線が吸収されることで化学反応を起こし、肌に浸透してしまう前に熱エネルギーに変えて防ぐ働きをします。

 

肌の内部に入るとシミやシワの原因を作る紫外線を、肌に入る前に退治してくれるのが紫外線吸収剤なんですね。紫外線を防ぐ効果が高いので、SPF値が高い強めの日焼け止めには必ず入っている成分です。

 

べたつき感がなく肌が白っぽくならないのが特徴です。また、水や汗に強いのでプールや海で使う日焼け止めにも入っています。

 

紫外線散乱剤とは

 

紫外線散乱剤とは、紫外線を跳ね返し肌を守るものです。

 

こちらは天然素材が使われることが多く低刺激として知られます。よく「ノンケミカル」という言葉を見かけますが、それは紫外線散乱剤が入ったものです。

 

使用感は、べたついて肌が白っぽくなるのが特徴です。水や汗に弱く、日焼け止めの効果は紫外線吸収剤ほどありませんが肌への負担が軽いです。

しっかり日差しをガードするのが吸収剤で、肌に優しいのが散乱剤です。

 

紫外線吸収剤はなぜ悪いと言われるの?肌に影響があるの?

 

しっかり日焼けを防いでくれる紫外線吸収剤は、よく肌に悪いと言われますがそれはどういった理由からなんでしょうか?

 

紫外線吸収剤が悪いと言われる2つの点をご紹介しましょう。

 

化学反応による刺激がある

 

紫外線吸収剤は、紫外線を吸収する時に肌の表面で化学反応を起こします。紫外線を熱エネルギーに変えて放出するのですが、それが刺激になり肌荒れを引き起こしていると言われます。

 

化学反応は、日差しの強さや日に当たる時間でも刺激の強さが変わります。強い日差しを長い時間浴びるとそれだけ刺激も多くなるということ。

 

科学成分が肌に合わない

 

天然素材ではないので、肌が敏感な人は化学成分自体が肌に合わず塗った瞬間ピリピリするということも…防ぐ力も強い分、刺激も強くなるんですね。

 

科学成分が肌になじまず、外敵が肌に侵入してきたと勘違いして追い出そうとするためピリピリした刺激を感じます。

紫外線吸収剤が悪いと言われるのは、化学成分と化学反応が肌に影響するから。

 

SPF値の高い強めの日焼け止めの多くには(特に水に強いウォータープルーフタイプ)、紫外線吸収剤が入っています。「強めの日焼け止めで肌が荒れた!」というのは、紫外線吸収剤が影響したと考えられます。

 

紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の使い分けについて

 

日焼け止めの2種類は、使い分けが大切。それぞれの特徴を活かした使い方をしましょう。紫外線吸収剤と紫外線散乱剤のおすすめの使い分けはこちらです。

 

紫外線吸収剤がおすすめの時

 

・海
・プール
・サマフェス
・夏祭り
・畑仕事

 

直射日光を長く浴びる肌にとって過酷な環境ならしっかり紫外線をガードしてくれる紫外線吸収剤がおすすめ。
水や汗に弱い紫外線散乱剤は、水に濡れたり汗を掻いてタオルで拭いた時にすぐ落ちてしまいます。その分、水や汗に強い吸収剤はすぐに落ちてしまう心配がないので◎

 

紫外線散乱剤がおすすめの時

 

・日常
・通勤通学時

 

日常使いには、肌に負担の少ない紫外線散乱剤を使うのがおすすめ。
普段から紫外線吸収剤を使うのは、肌が強い人でも肌荒れを起こしてしまうくらい負担大。日常生活や通勤通学時に使う程度なら紫外線散乱剤で十分ですよ。水で簡単に落ちるので洗い残しがなく肌に良いです。

紫外線から肌をしっかり守りたい時は紫外線吸収剤を、日常には紫外線散乱剤を。それぞれの特徴を活かした使い分けをしましょう。

まとめ

 

紫外線吸収剤は、肌に負担が大きいですが紫外線が浸透するのをしっかり防いでくれます。紫外線は皮膚がんの原因にもなるので長時間炎天下で作業する場合は使うようにしましょう。

 

両方を使い分けて、肌のことも考えた効果的な日焼け対策をしましょう。

 

紫外線吸収剤とは,紫外線吸収剤 なぜ悪い,紫外線吸収剤 紫外線散乱剤 違い

関連ページ

日焼け止めの顔への適量はどのくらい?正しい塗り方は?
日焼け止めを顔に塗る場合、どれくらいの量を使えばいいの? 適量が明記されていないこともありますね。この場合どれくらいの量を使うのがいいんでしょうか? 今回は、日焼け止めを顔に使う場合の適量と正しい塗り方についてお伝えします。
日焼け止めを塗っても焼ける・シミが増える原因8つ!
日焼け止めをつかっていても日焼けすることってけっこうあるんです。それはなぜか?日焼け止めを塗っていても知らず知らずのうちに紫外線を浴びてしまっている原因をお伝えします。